あがり症の薬

あがり症の薬/あがり症の治療と改善方法ついて詳しく解説

あがり症の薬

あがり症の薬

 

あがり症の薬が必要な人

 

誰でも初めて人前で何かをしなければいけない場合などには、あがってしまうのが自然です。

 

それは、脳が何か重要な事がおきた場合に、体がすぐに反応できるように全身に命令を出す事が原因です。

 

原因物質は、ノルアドレナリンと言います。

 

ノルアドレナリンは交感神経を活発にして、全身にくまなく血液を行きわたらせ何時でも行動がとれる状態に体をします。

 

当然、全身に血液を行きわたらせるためには、心臓に頑張ってもらわなければいけませんので、心拍数も上昇します。

 

その結果、顔は紅潮して、心臓はドキドキしてしまいます。

 

この状態は誰にでも起こる自然な体の反応なのですが、これが極端に起こりやすい人をあがり症と呼んでいます。

 

それが、ただの誰でも起きる緊張なのか、あがり症なのかの境目は区別できません。

 

ですが、大人になってそのことで仕事などに支障が出てきた場合には、あがり症として薬の治療を受ける必要があります。

 

場数を踏めば慣れて、あがらなくなる人もいますが、あがり症に人は逆効果で更に緊張が強くなってしまいます。

 

このような状態を放っておきますと、更にひどくなってうつ病に変更していってしまう場合もありますので、早めの治療が効果があります。

 

初期のあがり症でしたら、弱い安定剤で簡単に治ってしまいますので、あがり症を気持ちの問題などとは思わずに、病院に行って薬をもらいましょう。

 

>あがり症によく効く薬はこちらからご覧になれます<

 

あがり症になりやすい人

 

あがり症になりやすい人となりにくい人はどこが違うのでしょうか?

 

あなたはあがり症ですか?

 

誰でも小さな時に、みんなの前で歌を歌うことになったりしたら、誰でもあがってしまいます。声は、震えて音程など考えている暇もありません。
女性の前に行くと、何となくあがってしまってうまく話ができ無い。苦手な上司の前に行っただけで、もう頭が真っ白になってしまうなど皆さんもいろんな場面であがり症になった経験があると思います。

 

あがり症の人は、完璧主義者、神経質などの傾向があります。
何でも成功させることを一生懸命に考えて、人前でみじめな自分を見せたくないと人一倍思います。ですので人に自分ほ弱さや失敗を見せたくないのです。
ですので、一旦失敗をしてしまうと、人の目が気になりダメな自分を責めて、それが次回にもっとプレッシャーとなって、あがり症をひどくしてしまいます。

 

あがり症になるときの自分はどんなだったでしょうか?
絶対に失敗しない様にしよう、完璧にしよう、失敗は許されないなどそんな事が頭の中でぐるぐる回っていたでしょう。
もちろん何事も成功した方がいいに決まっていますが、あがり症の人はこれが大きな負担になって、結果何でも空回りしてしまい、頭の中は真っ白になって、手は震えうまくいきません。この経験が更に悪い経験として脳にインプットされて、同じような場面になると、前回以上に上がってしまいます。

 

ですが、誰でも成功はしたいものです。ですが成功する人がみんなあがり症になるかと言いますとそんな事はありません。

 

では、あがり症になる人とならない人ではどこが違うのでしょうか。
いろんな事がありますが、一番の違いは、心の持ち方が違います。

 

あがり症の人は、何かのプレゼンテーションがあると絶対に失敗しないようにしようと事前に細かいところまでチェックして、完璧な状態でプレゼンに臨もうとします。
ですので、もう心に余裕が全くありません。事前に考えていた順序と違う展開になってしまうと、もうパニックになってしまい、手は震え、頭は真っ白になって、突然質問などされたら、そんな準備はしていませんので、どうしようもない自分を人に見せる結果となってしまいます。
一方、あがり症でない人は、だいたい大まかな計画を立てていき、このぐらいでだいたい成功するだろうと心に余裕を持ってプレゼンに臨みます。ですので、少しぐらいの間違いがあっても全く動揺せず、楽天的にかわしていきます。突然の質問にも慌てずしっかりと返事をすることができます。

 

あがり症の人は、やはりもっと物事を楽天的に考えて、少し心に余裕を持たせることが重要です。少しぐらいの失敗は気にせず、大まかに成功すればいいぐらいの気持ちを持つ事ができるようにしましょう。
たとえ失敗しても自分を責めたりせずに、だいたい良くできたとほめるような習慣づけをすることが重要です。

 

あがり症の薬

 

あがり症の薬インデラル

 

あがり症は、別名社交不安障害(SAD)などとも呼ばれています。

 

あがり症は、誰もが持つ「恥ずかしい」と言う気持ちが、基本にあってそれがその人の個性や経験を通して、次第に増幅されあがり症と言う精神状態を作っていきます。

 

子供の時に音楽の時間に順番にみんなの前で、笛を吹くなんて状況になった時、あがり症の傾向が強い人は、順番が回ってくるのを見ているだけで、心臓はドキドキし始め、更に自分の番に近くなると、もう心臓のドキドキは更に早くなり、自分の番が来るのが怖くてどうしようもありません。

 

やがて、自分の番が来ると、指は激しく震えてしまい、頭は真っ白になって演奏どころではありません。

 

こんな小さなころからの経験が、あがり症を確実に作っていきます。

 

多くの人前で、スピーチをしなければならないなんて時は、事前に原稿を考えてきて練習も何回もしてあるのですが、その場に行くと、ドキドキは激しくなり原稿を持つ手は物凄く震え、スピーチ台に立った時には、もう声は震えてしまってみんなが笑って自分を見ている景色のみが頭に残ります。

 

このような経験が、大人になっても同じような状況になった時、簡単にあがり症スイッチがオンになってしまいますので、どうしても克服できません。

 

あがり症を治そうと医者に行く人はまずいないと思います。あがり症は常に起きているわけではありませんので、病気と言う感覚はみなさんもっていません。

 

あがり症を、克服できる秘密のメソッドなどと宣伝して、あがり症を治したい人はこちらに登録してください。では5万円お願いします。なんてインチキ商売がかなりありますので、このようなものに引っかからないようにしましょう。あなたのあがり症と言う心を弱さを巧みに利用して、やれ呼吸法だのたった5分毎日するだけであがり症がなおるなんて耳障りのいい言葉を並べてあなたからお金を取る事だけが目的です。

 

あがり症を治すには、やはり薬が確実に効きます!

 

市販のあがり症の薬、イララックなどがありますが、はっきり言って、これは子供だまし程度の効果しか期待できませんので、話になりません。

 

やはりあがり症に確実に効く薬は、医者が処方する薬です。

 

対人恐怖症などの、日常生活に支障が出てしまうような人は、だいたい精神科か神経内科に行って、薬を処方してもらっています。

 

あがり症を治すには、自分があがるような場面になれる事が重要です。

 

でもそのような場面では、あがり症スイッチが入ってしまって治るどころか、どんどんひどくなっていくのが通常です。

 

このような場面で、人間の体の起きる症状は、動悸、(手、足、声)震え、冷や汗などです。

 

このような状態を簡単に素早く治してくれる薬があります。

 

βブロッカーと言う薬です。あがり症に一番使用されている薬の名前は、「インデラル」と言う薬です。

 

この薬は、高血圧、狭心症、不整脈などに使用される薬で、心臓の動きを調整している交感神経のβ受容体を遮断して、これにより心臓の拍動を抑えて動悸などを素早く改善してくれます。

 

とても効き目が早くて、長時間効果が継続しませんので、体に優しい薬と言えます。

 

だいたい、緊張する事が起きる、1時間ぐらい前に服用しておけば、その後6時間ぐらは効果があります。

 

ですので、毎日飲むのではなく、緊張するだろう場面の時だけ、頓服として使用します。

 

効き目は抜群ですので、動悸はしませんし、手の震えや声の震えも改善されます。さらにアドリブなど言う余裕まで出てきます。

 

あがり症に薬を使用することを危険だと言う人が沢山います。

 

この人たちが言う事は、だいたい同じで薬依存症になってしまうと言うことです。薬に頼ってしまって薬を飲まないと不安になってしまうと言う考え方です。

 

ですが、薬に依存することがそんなに悪いことでしょうか?

 

あくまでも、頓服として使用する程度ですので、飲む頻度もそんなに多くはないと思います。

 

それであがり症にならずにいられるのでしたら、その方が、生活の質が高く健康的な生活を送る事ができます。

 

実際に薬を利用した事がある私の経験から言いますと、薬を使用することであがり症が無くなり、それを何回か繰り返しているうちに、薬を飲み忘れても平気な自分がいる事に気が付きました。

 

人は同じ状況を何回も場数を踏むと、体が自然に慣れてきますので、薬に依存する方はごく一部の方で、大半は薬のおかげであがり症を克服できるのが実際だと思います。

 

あがり症の人に、ただ漠然と場数を踏めば慣れてくるなんて思っている人は間違いです。そんな事をしたらあがり症のスイッチがどんどん大きくなって、今まで何ともなかった事でもスイッチが入るようになってしまい。症状は悪くなる一方です。

 

>あがり症によく効く薬はこちらからご覧になれます<

 

 

精神の病は心の風邪

 

精神の病は皆さんが思っている以上に簡単に誰にでも掛かってしまいます。

 

自分だけな精神病にならないなんて思っているとしたら大間違いです。

 

皆さんが時期になると、どこかで知らない内に風邪を移されて、熱が出たり腹痛を起こして医者に行くのと全く同様です。

 

一旦、心の風邪に掛かりますとなかなか自力で治す事は難しく、たいていの場合には医者に行って風邪薬をもらって治します。

 

風邪にもいろんな種類があり、インフルエンザなどになりますとなかなか高熱が出て治りません。

 

精神の風邪も同様で、治りずらい風邪が沢山あります。

 

このあがり症、うつ病などは、治りにくい風邪の一種になります。うつ病は後天的になりますが、あがり症に関しては小さい頃からの先天的な脳の病気が原因の場合もあります。

 

どちらの場合でも早期に病気であると言う自覚を持って治療を始める事で、早期に回復をする事ができます。

 

また、病気は必ず治ると言う事も良く覚えておきましょう。現在医学で、治らない病気はほんの一部の病気で何かの治療をしっかりをしなかったためにそれが原因で不治の病になってしまうケースがほとんどです。

 

普段からの自己管理と、自分が完璧な人間ではないと言う自覚を持って常にニュートラルな気持ちで自分と向き合う事が大切です。

 

対人恐怖症

 

あがり症が酷くなりますと、対人恐怖症になります。

 

誰でも小さい時に多くのひとの前ではどうしても上がってしまいます。

 

その時に起こる人前でのあがりや緊張、手足の震え、人見知りなどが対人恐怖症の主な原因になります。

 

一旦、あがり症から対人恐怖症になってしまいますと、なかなか治療する事が困難になってきます。

 

更に対人恐怖症では、社会に溶け込む事が困難になって、事後にも影響を及ぼす事になってしまいます。

 

そのような状態にならないように、あがり症の初期の状態で治してしまうのが、基本です。

 

対人恐怖症は社会生活をできなくなると言う最悪のケースを生んでしまいますので、注意しましょう。

 

対人恐怖症になりますと、人と合うのが嫌になり、病院に行くのもためらいがちになります。

 

当サイトでも、おすすめしている薬で早期に治療を始める事で、対人恐怖症にならずに、あがり症段階で治す事ができます。

 

>あがり症によく効く薬はこちらからご覧になれます<

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ